以外!?知らなかった!うちなーんちゅの婚活事情 沖縄の生涯未婚率の高さは全国で第1位!

結婚率も、出産率も高い沖縄なのになぜ生涯未婚率がたかいの?

結婚カウンセラーいとプロが解説!

ながらく結婚支援事業に携わり、数多くの沖縄独身者のお話を伺ってきたいとプロが沖縄の婚活事情をわかりやすく解説します!

結婚、婚活に関するご相談!もっと詳しく聞かせて!

30代女性のご相談 独身の、仕事や遊びの仲間たちが最近「焦ってきた」ということで婚活を始めたようです。私も親からの「結婚」に対する圧力が強くなる一方、男性との出逢いは無くなってきていますし、せっかく好感の持てる男性と出逢っても既婚者や相手がいたりで「婚活」を考えるようになりました。しかし、結婚を焦っていると思われたり、独身男性の仕事仲間や友人に「結婚したがっている」と身構えられるのも嫌で、将来の不安を感じつつもいまひとつ行動できずにいます。沖縄では模合など人が集まる機会も多く、未婚者も多いため孤独感を感じない人も多いようです。年々進む晩婚化で、30代女性の未婚率は約3割です。20代では30歳位までに、30歳になれば35歳迄に結婚したい、と年齢とともに結婚年齢も上昇していきます。また婚活は周囲に秘密、という方も多いです。しかし、35歳を過ぎた頃には出逢う人も限られ気が付いたら婚活に踏み込む不安以上に深刻な現実が数知れず待っています。
25歳〜35歳までの女性が結婚しないワケ 適当な相手に巡り会わない,まだ必要性を感じない,自由や気楽さを失いたくない,趣味や娯楽を楽しみたい,仕事に打ち込みたい [いとプロメモ] …とはいえ、いざ結活を始めると沖縄の女性は他県の女性よりもしっかりと行動するのが特徴的
いとプロが聞いた沖縄男性が結婚しないワケ 給料が安い・貯金がない,長男だから,話下手、女性が苦手,まだ早い・周囲も独身が多い,現状に満足している,良い相手と巡り合わない,そのうちにいつかするから
49歳男性のご相談 49歳男性です。30代の頃に婚活をしてみましたが、女性と話すのは苦手、相手から選ばれるということもなく自信を無くしてすぐに婚活を止めてしまいました。数名の女性とそれなりの恋愛経験もあり、機会を待ち自然のなりゆきに任せて、と過ごしてきたところ、もうすぐ50歳で婚活を止めてしまったことを後悔しています。この年齢でお相手を探すとして、良い相手に出逢えるでしょうか。沖縄の男性はのんびり、保守的な方が多いようです。女性と上手く会話が出来ないという方、結婚について積極ではない男性は非常に多いと感じられます。男性の場合、40代、50代と年齢が上がっても希望する女性の年齢が20代、30代前半と変わらずご自身の流儀や習慣を変えないことも多く結婚を難しくする傾向にあります。

できることからはじめよう!焦りたくない…でもいずれは結婚したい…未婚の方に聞いてみると、いずれ結婚したいと思っている方が9割近く。本当にお相手を真剣に探さなくて(婚活)大丈夫ですか?婚活は恥ずかしいことではありません。立派な幸せ社会への貢献です。

結婚相談所の利用や婚活パーティー等に出席する事に抵抗があったり、恥ずかしいと思ったり、行動出来ない方も多いようです。
また、婚活を始めてもすぐにお相手が見つからないと「婚活疲れ」を感じて再び行動から遠のいてしまう場合もあります。

結婚をしたいのに婚活をためらうその理由は・・・?

結婚相談所などの利用、その他の婚活を秘密にしたり、行動をためらうその理由、モデルケースは以下のようなものです。

周囲に「結婚を焦っている」思われたくないです。また婚活を公表することで男性の同僚や友人にまで「結婚を意識されるのでは」と身構えられてしまうのが嫌です。
(Aさん 36歳女性)

結婚相談所の費用や、婚活パーティーなどでお金を使ってまで相手を探すことには抵抗があります。
(Bさん 41歳男性)

結婚相談所やパーティーは サクラがいるのでは?相談所が公開しているカップル成立や成婚数、会員数、どれも信用出来ません。
(Cさん 48歳男性)

相談所ではプロフィールなどを作成してそれを相手に見せて、といったような話をされたのですが、知らないところで自分の情報や写真などを見られたりすることを気持ち悪く感じました。知り合いに発見されるのも怖いです。
(Dさん 38歳女性)

結婚相談所って暗いイメージです。入所したら理想でもない相手と結婚を強制されそうです。
(Eさん 30歳女性)

婚活の場では、どこに行っても男性と女性との費用の差があり過ぎます。またカップル成立しても、女性が奢ってもらうのが当然という空気があり、納得いきません。
(Fさん 31歳男性)


NPO法人沖縄県出会い結婚支援センター婚活もーる
いとプロ スタッフがご相談承ります!

結婚や出産に関する現実は考えている以上に厳しいものです。婚活、結婚するしないは個人の自由ですし選択できるものです。しかし、もし「いずれ結婚する」と考え、そして年齢が「30歳」を過ぎているなら、一日でも早く婚活を始め、一人でも多くの独身の方と出会う事を強くすすめます。

婚活に抵抗がある方へ・・・
年々、初婚年齢は全国的に上がっていく傾向にあるようですが、決して非婚主義な方が増加しているわけではありません。
国立社会保障・人口問題研究所の調査結果によると結婚の意思があるのにも関わらず、初婚年齢が高くなっているようです。

しかし、国勢調査などのデータの分析結果から、「35歳を過ぎての結婚はほぼ不可能」というタイトルの記事も多く見かける程、年齢が高くなるほど「結婚厳したい」という思いには厳しい現実があるようです。

こういったデータに大きく振り回される必要はないとは思いますが、非婚主義な方は別としても、20代で結婚のタイミングを逃した方は「確実に独身」という方との出会いの数を増やされることをお勧めします。

待って自然に結婚のタイミングが訪れることを望んでいるとしたら、それは現実からするとかなり稀なお話だからです。

仮にもし今35歳で、これからお相手を探し普通に恋愛をして結婚となると、晴れて婚姻届けを出すその日まで2〜3年かかっても不思議はなく、さらにお子様を望まれるとなると、さらにもう2〜3年以上は必要と考えられます。40代では妊娠の可能性を低くする要因は女性だけでなく男性にもあります。

幸運に妊娠したとしたら、今度はお子様へのリスク(男性の年齢も影響します)そして母体へのリスクを伴う可能性が高くなります。

これらのリスクは年齢に関係なくとも考えられることですが、それでも結婚・出産「いずれは」とお考えのようであれば、早いに越したことはないという事実は否めません。しつこいようですが男性も同じく、です。
また独身者の寿命は既婚者と比べて約8〜10年年短いというデータもあります。
(国立社会保障・人口問題研究所より)

いずれは結婚と考えているにも拘わらず、行動を先延ばしにしているのであれば、その先には、例えば相談所などを利用しての婚活に対する不信や不安、抵抗感、それ以上に、深刻で乗り越えなければならない現実が数知れず存在します。

最初から「婚活して結婚!」というハードルを設けなくても良いので、まずは多くの正真正銘の独身の方々と会う機会を作ることからおすすめします。

イベントや社会人サークルや勉強会、様々情報を集めて自分が活動しやすく、信頼できる場所を見つけ、最初から「婚活」と考えると踏み込めないのであれば、「少しでも多くの方と出会う事」、を目標にするというのはどうでしょうか?
実際、出会う機会が多くなると色々な事を感じたり、経験したりします。
欲を言えば周囲に「婚活宣言」をしてしまい、堂々と婚活されることをおすすめします。
情報量と行動範囲が変わって来ます。要は幸せになった者勝ちなのですから。

「いつかそのうち結婚できればいい」と気が付いたら更に年齢を重ねてしまい、「結婚したい、生涯の伴侶と出会いたい」というその気持ちから逃げるようになった時は、それは生涯未婚、独身を貫くことを覚悟しなければならない時です。
40代で独身の方へ・・・
40代で独身の方は、これまで何度か婚活パーティーに参加したり、ネットを利用したり、様々活動をした経験のある方も多いです。

非常に良いことなのですが、なかなか続かないのもよくある事。

また40代では離婚経験者やお子様がいらっしゃる方も多くなってきます。

過去の経験や、現状からお相手に対する自信を無くされていくのも多いお話です。

年収が高いとか、モデルさんのような容姿であるとか、「次に会った人とはとにかく必ず結婚する」という二人がたまたま出会うとか、そんなことでもない限り、多くの婚活とは長期戦になることもよくある事です。

重要な事の一つは、どれだけの数の「確実に独身の男女」に出逢うかです。

また、その年齢まで独身でいてしまったことを後悔するようなお気持ちをお話される方も多いのですが、それはとても良いことです。

焦りや後悔は、生涯のお相手と出会いたい、という気持ちの大きなバネ、意欲に繋がります。

沖縄の男性の場合は、長男としての責任を果たすべく40代、50代、60代とご自身の年齢に関係なく、女性に望む年齢を頑なに「20代、30代」に限定してしまわれることもあるのですが、残念ながら20代、30代の女性もご自身と近い年齢の男性を好まれる傾向にあります。

ですから、これからの年齢で良い相手と出会う為には、まずは、一人の人、年齢などに執着せずに、少しでも魅力的だ、と思った人には積極的にアプローチすることが必要です。

積極的なアプローチが苦手な方、「婚活もーる」では、いとプロ(出会い、ご縁結びのプロデユーサー兼カウンセラー)が会員様をサポートします。会員様で気になる方を見つけられた際には、お会いする時間や場所を決めるお手伝いもします。

当センターだけでなく、結婚情報サービスの利用や、婚活の場に参加することはお相手へ出会うための情報量を増やし、出会うまでの時間を短縮しますよ。
理想の人に出逢えないとお嘆きの方へ・・・
幸せな恋愛関係、そして結婚して家庭を築くのに価値観の一致や、性格の良さ、経済的なこと、条件を望むことはとても良いことだと思います。

ただ、誰しも最初からあなたにとっての「理想の人」ということではないのです。

あなたのことを好きになり、大切に思うようになり、特別な人と思うようになると、あなたの言いたいことを察するように努め、気遣い、賛同し、親しみを込め、理解を示し、趣味を共有しようとし、あなたを尊重し、優しく包んであげたいと思うようになり、そのように行動をするのです。

結婚したいと思う相手に気に入られるよう、自分を磨いたり、好みを研究し実践をしたり、

女性であれば相手の男性が例え「見た目は関係ない」と言っていても恋をすれば綺麗でいたいと努力をするものです。

男性であれば、相手の女性が例え「収入は関係ない」と言っていても経済的に自信がなければ何とか収入を増やそうと必死の努力をするようになるものです。

ですから、あなたの理想が決して高くなくとも「恋愛したい」「結婚したい」と思われるような「あなた」になることが、理想の方に出会える近道です。

多くの男女の結婚に関する条件などを伺って参りましたが、

一般的によく言われているように、

女性は頼れる面や経済力を男性に求め、「自分を特別扱い、自分だけに優しい」ということに弱いように思います。

男性は女性に安らぎや家庭的な部分を求め、料理が上手だったり(これは時代を問わず不動のようです)、若さや容姿を重視する、というのは遠からず当てはまります。

しかし、30歳を過ぎた頃からは、もう勢いで恋愛、結婚ということは無くなり、自分に都合のいいことばかりをお相手に望んでいても、そのようなお相手が現れることは難しいでしょう。

少しでも相手が喜ぶことを、と努力を重ねる方が理想のお相手との出逢いを果たしているように思います。

些細な行動の積み重ねが、「条件」を乗り越え、恋愛感情に導きます。
またこれらの行動は婚活のみならず日常の生活に様々な幸運をもたらします。

なかなか理想の人と巡り合えず「婚活疲れ」を感じる方も多くいらっしゃいます。

しかし、その場合も婚活は楽しい趣味のスポーツのようなものと割り切り、うまく行かないときは「試合に負けただけ」と考え、次が楽しく充実した良い試合になるよう楽しいイメージを描くことを心がけましょう。

女性は女子会ばかりに逃げないことです。

多くの人と出逢い、様々な課題を見つけ感じることが出来る婚活そのもの、

実は自分磨き、人間磨き、何より自分や人生を学べる優れた方法のひとつですよ。
恋愛経験がない、自信がないという方へ・・・
恋愛経験がない、少ないというのは、出逢いが少なかったという事と、容姿を含めて自分に自信がないとおっしゃる方が多いです。

身近な方で、お洒落な方、あるいは好感を抱く芸能人などはいませんか?
もしいるなら、その方を真似てみる事に挑戦しませんか?

憧れのモデルさんなど写真を眺めているだけでも脳に影響があるとも言われていますね。

もし宜しければ「婚活もーる」の「いとプロ」はこういった会員様のおしゃれに関するご相談にも応じています。

また、恋愛、婚活に関する本や、自分の魅力UPのための本を読むこともお勧めします。

これらの本には、状況に関係なく人に「好かれる」コツや他人や自分の「役に立つ」要素を教えてくれます。

おすすめの本など、会員様のご相談にもいとプロは応じていますよ。

しかし、本一冊、1,000円~5,000円とするなら、同じ程度の費用で開催されている趣味や自己啓発セミナー等で体感する方がはるかに脳や行動に影響するエネルギーが大きいと思います。

そういった小さな行動、小さな努力を積み重ねを続けていくこと、その積み重ねの時間が、1週間、1ケ月、半年と経過する毎にその量は大きなものとなります。

例えば、「これから毎日、ウォーキングをしよう」と思い立ってもなかなか行動に移せない場合があります。

こういう方にはまずは玄関のドアを開けて外に出る、それだけでいい、

とうことから始め、次の日は建物の外に出る、ということを目標にして貰いますが、そんなところから始めても1週間後には1キロのウォーキングに成功していたりします。

そのウォーキングからでも良いです。何か小さな目標を立てて行動を変えてみて下さい。

行動を変えると、あなたのその雰囲気が変わります。
普段と違う行動を起こすことで出会う人、耳にする情報が変わってきます。

今までと同じであれば、何も変わり様がありませんが、思考や行動を変えると少しずつでも今までと違う事が起きます。

そして「恋愛の対象となるお相手」と出会うためには、色々な出会いのパターンを考え、その場所に出向くことををおすすめします。

学生の時は容姿や年収など関係なく、ふとした瞬間から全く意識をしていなかった相手への気持ちが、好意に変化することはありませんでしたか?

その時、その場所であなたの良さが伝わらなくても、違う場所、違う行動、得意な事、ご自身がよく知っている事、色々な側面から多くの人に見てもらう、会ってもらう事をおすすめします。

年齢、異性同性を問わずとも、出会うことで次の方への紹介に繋がるなど情報量も変わります。

自信があろうがなかろうが、お相手を探す時間は長引く方は長引きます。
性格や容姿、年収その他の条件が良くても、いつまでもお相手を選べない、選ばれない方も多くいらっしゃいます。

周囲を見渡せばお分かりの通り、容姿や収入や職業に関係なく恋愛をしている人は恋愛し、結婚もしています。

乗り越えるには、ひとつでも多くの情報と出逢いの数しかないです。

うまく行かないときは、つい自己否定しがちですが、あなたの人格を否定されたというわけではのではなく「試合に負けただけ」と考え、次が楽しく充実した良い試合
になるよう練習を重ねて行きます。

しつこいようですが「婚活もーる」では、たくさんの出会いのパターンをご用意し、あなたの活動をいとプロ(結婚カウンセラー)が見守り、必要に応じてサポート
していますよ。

一人ではなかなか出来ないことも一緒に取り組めば励みにもなり楽しくもなります。